コーヒーの王様:スペシャルティコーヒー


産地による豆の違い

スペシャルティコーヒーとは、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別、そして品質管理が適切になされ、不良豆の混入が極めて少ない生豆からできたコーヒーのことを指します。

コーヒー豆は産地によって味も香りも様々です。 これを読んでいる皆さんは、コーヒー豆の産地と言えば、どこを思い浮かべますか? コーヒー豆の原産地はエチオピアとされていて、今では生産国は約70カ国もあるのだそうです。

スペシャルティコーヒーとしてランク付けされるのは、世界で生産されるコーヒーの10%のみであり、非常に希少性の高いコーヒーです。ネスプレッソはこの10%の中から独自の基準に基づいて、さらに厳選してお客様に提供しています。

ここでは、代表的な産地3つと、その違いをご紹介していきます。

豆ブラジル

ブラジル

コーヒー豆の産地として、世界中で最も生産量が多い国がブラジルです。ダントツの生産量を誇っています。
コーヒーと言えばブラジルでしょ!という方も多いのではないでしょうか?
その歴史は300年近くに及び、生産量だけではなく、品質の高いコーヒー豆を栽培しています。
ほとんどの豆が天日干しされ、自然乾燥法で精選処理を行うことで、豊かな味わいを生み出しています。
味の特徴は、苦みは適度で酸味が柔らかく、癖のないバランスの良さから、多くのブレンドコーヒーにも利用されています。
世界一の生産国だけに流通量も多く、日本でもおなじみなので、誰にでも飲みやすい安定感と安心感があります。

【ブラジル産豆を使用しているネスプレッソのコーヒーカプセルはこちら】

カザールカザール リストレットリストレット ダルサオダルサオ
リニツィオ・ルンゴリニツィオ・ルンゴ ヴォリュート・デカフェヴォリュート・デカフェ ヴォリュートヴォリュート
カザールカザール リストレットリストレット ダルサオダルサオ
リニツィオ・ルンゴリニツィオ・ルンゴ ヴォリュート・デカフェヴォリュート・デカフェ ヴォリュートヴォリュート

豆コロンビア

コロンビア

コロンビアもコーヒーの産地として高い知名度のある、おなじみの国ですね。
生産量は世界第三位につけています。
基本的に熱帯性の気候の国ですが、アンデス山脈の影響によって気候の変化が大きく、多様な自然環境を持っているという特徴があるため、生産地域によってコーヒーの味にも違いが生まれます。
標高の高い場所で小規模農家による生産が行われていて、完熟した実だけを収穫し、水洗処理法で精選処理されます。
それによって生みだされるコーヒーは、甘みの強い香りとまろやかな酸味を持ち、柔らかい口当たりとフルーツのような風味で、マイルドコーヒーとして高い人気があります。

【コロンビア産豆を使用しているネスプレッソのコーヒーカプセルはこちら】

リニツィオ・ルンゴリニツィオ・ルンゴ ヴォリュート・デカフェヴォリュート・デカフェ ヴォリュートヴォリュート
ロサバヤロサバヤ リストレットリストレット
リニツィオ・ルンゴリニツィオ・ルンゴ ヴォリュート・デカフェヴォリュート・デカフェ ヴォリュートヴォリュート
ロサバヤロサバヤ リストレットリストレット

豆グアテマラ

グアテマラ

中米に位置し、日本の3分の1程度の国土しか持たないグアテマラですが、コーヒー豆の生産量は世界でも10位以内に入る屈指のコーヒー生産国です。
なんと、火山地区の山の斜面を使ってコーヒー豆を栽培しています。
特徴として、背が高く日陰を作るシェードツリーを栽培に役立てています。
標高が高い場所で栽培された豆ほど、香りが良くなる傾向にあり、標高別に豆の格付けが行われています。
小規模農園が生産処理場を共有し、精選処理は水洗処理法で行っています。
苦味は軽くほどほどの酸味と甘く豊かな香りがあり、とても芳醇で飲みやすいコーヒーとして、高い評価を得ています。

【グアテマラ産豆を使用しているネスプレッソのコーヒーカプセルはこちら】

カザールカザール
カザールカザール

購入背景

購入はコチラから 購入はコチラから