豆知識4.デカフェ(カフェインレスコーヒー)のカフェインの抜き方

カフェインの抜き方

カフェインが入っていないコーヒーを「デカフェコーヒー(カフェインレスコーヒー)」と言いますが、どのようにして作られているのでしょうか?
近年の健康志向の高まりと共に、デカフェコーヒー(カフェインレスコーヒー)が注目されているので調べてみることにしました。
せっかく飲むのなら少しでも健康に良いものを選びたいですよね!

豆水による方法

水による方法

まずコーヒー生豆を水に浸け、カフェインやその他の水溶性成分ごと抽出し、そこからカフェインのみを薬剤により抽出除去します。
その後、再びコーヒー生豆を戻して、カフェイン以外の水溶性成分をコーヒー生豆に戻します。
こうすることによって味や風味が落ちるのを防ぐことができます。
また、直接、薬剤がコーヒー生豆につくこともないので安全面でも信頼できます。
前述の薬剤による抽出同様、コスト面も安価で嬉しいです。 ネスプレッソはこの水による方法に近いやり方でカフェイン除去を行っているそうです。

豆有機溶媒による方法

有機溶媒による方法

ジクロロメタンなどの薬品を使ってカフェインを抽出除去します。
カフェイン含有量が基準値以下になるまで何度も繰り返し行われます。
大してコストがかからないのは良いものの、カフェイン以外の成分も一緒に除去されてしまいます。
そのため、味や風味が落ちてしまうのが難点です。
また、薬品がコーヒー生豆に直接使用されるので、薬品の残留などによる安全面を不安視されやすいデメリットがあります。

豆二酸化炭素による方法

二酸化炭素による方法

「超臨界流体」という特殊な状態にした二酸化炭素によるカフェイン除去方法です。
温度と圧力の設定を変えることで、どんな成分を除去するかなど調節することができます。
除去後の二酸化炭素の除去方法も非常に簡単で、万が一、残留しても毒性がないため心配する必要がない点で優れています。
味や風味を損なうこともなく、カフェインもほぼ除去でき、薬品なども残留することもないので非常に優れています。
これまでの抽出方法の短所を全てほぼ解決している画期的なカフェイン除去法と言われています。

購入背景

購入はコチラから 購入はコチラから