豆知識16.コーヒーとチョコレートは相性抜群

豆知識16.コーヒーとチョコレートは相性抜群 /></p>
      <div class=

近年、カフェ業界やスイーツ業界などでコーヒーとチョコレートの組み合わせに大きな注目が集まってきています。それに伴い、コーヒー好きをはじめとする一般の方にもこれらの組み合わせを楽しむ方が増えてきています。
そこで今回は、コーヒーとチョコレートはなぜ合うのか、その理由をご紹介するとともに、コーヒーの種類別に相性抜群のチョコレートをご紹介していきます。

*ほろ苦さと甘さの絶妙な調和 思わずため息があふれる味

ほろ苦さと甘さの絶妙な調和

近年、チョコレートはコーヒーに合う食べ物のひとつとして認知されており、コーヒー好きの方が認めるほどその相性は抜群だとされています。

コーヒーとチョコレートの相性がよい最大の理由は、コーヒーのほろ苦さとチョコレートの甘さにあります。苦さと甘さが交互に口のなかに広がり、さらに香りが鼻に抜ける感覚は、互いのよさを引き立てている証拠。個性を壊すことなく、味わい・香りともによい調和をもたらしてくれるのです。 また、コーヒーとチョコレートの原料が似たような気候のもとで生産されていることにも、相性のよさに関係しています。基本的に、同じ産地や似たような気候などで育ったものは相性がよいとされています。コーヒーの原料である“カカオ豆”とチョコレートの原料である“カカオ”は、主に熱帯地域で作られています。このことからも、2つの相性がよいと考えられているのです。

ちなみに、海外の有名なチョコレートブランドでは、チョコレートと一緒にコーヒー豆を販売しています。この取り組みは最近になって行われたものではなく、昔から現在まで行われているいわば伝統。このことからも、コーヒーとチョコレートの組み合わせが決して一時的なブームではなく、文化と呼んでも遜色がないものということが分かります。

*NespressoとGODIVAは、最高の組み合わせ

オシャレさ、種類の豊富さが魅力のコーヒーカプセル

コーヒーにたくさんの種類があるように、チョコレートにもさまざまな種類があります。そのため、コーヒーとチョコレートの組み合わせは千差万別。より相性のよいものをチョイスすることで、いろいろな味わいを楽しむことができます。

例えば、コーヒー本来の味わいを楽しめるブラックコーヒーは、苦味のあるブラックチョコレートとの相性が抜群。甘さはそこまで感じられませんが、どちらも素材の味を楽しめるため甘いものが苦手な方におすすめです。その他、アメリカンコーヒーにはちょっとだけ酸味のあるチョコレートが、カプチーノには甘いミルクチョコレートがよく合います。

さらに、コーヒーカプセルでおなじみのNespressoのコーヒーには、GODIVAのチョコレートがぴったりです。さまざまなコーヒーカプセルがあるなかで、そのすべてにマッチ。芳醇で香り高いチョコレートが、コーヒーの苦味と絶妙なハーモニーを奏でます。

Nespressoのコーヒーカプセルは種類が多く、ホットやアイスはもちろん、ブラックやラテ、カプチーノなどさまざまなアレンジが可能。コーヒーとチョコレートの最高の組み合わせを体感したい方におすすめです。

*至福のカフェタイムにはチョコレートが欠かせない

至福のカフェタイムにはチョコレートが欠かせない/></p>
          <div class=

コーヒーにはそれぞれ合うチョコレートがあるので、それを知っておくとカフェタイムもちょっと特別なものになるかもしれません。Nespressoのようなコーヒーカプセルタイプのものは、いろいろな味わいを気軽に楽しめるので自宅やオフィスでのカフェタイムにぴったり。コーヒーカプセルに合ったチョコレートを一緒に置くだけで、至福の時を演出できるはずです。

購入背景

購入はコチラから 購入はコチラから