アレンジレシピ.エスプレッソをベースにアレンジ!
コーヒーの種類ごとの魅力をご紹介

アレンジレシピ.夏におすすめ!ひんやりコーヒーライフはアレンジ力で無限に広がる

コーヒーの代表的な種類として、カフェラテとカプチーノ、マキアートがあげられます。これらに共通しているのは、エスプレッソコーヒーに牛乳を加えているという点。
なお、加える牛乳の量や温度は種類によって異なるため、唯一無二のおいしさや奥深さを持っています。 そこで今回は、カフェラテとカプチーノ、マキアートの違いと、それぞれの魅力についてご紹介します。

豆いろいろなおいしいがココに。エスプレッソの三変化

いろいろなおいしいがココに。エスプレッソの三変化

カフェラテやカプチーノ、マキアートのベースとなっているのは、エスプレッソコーヒー。濃く抽出されているため、基本的にはお湯で抽出する他、牛乳でまろやかにして味わいます。そんなエスプレッソコーヒーは、いくつかの種類に変化する多様性のある飲み物。アレンジ次第で、その日の気分に合った味わいを堪能できます。

【その①】カフェラテ
・味わいと見た目の両方を楽しめるカフェラテは、エスプレッソコーヒーにスチームミルク(蒸気で温めた牛乳)を加えたもの。コーヒーに対して牛乳の量が多いのが特徴で、マイルドな飲み口を楽しむことができます。この他、“ラテアート”もカフェラテならではの特徴のひとつ。これは、コーヒーの上にハートやリーフ、動物などを描く技術で、コーヒーをかわいらしい見た目に仕上げることができます。この点から、カフェラテは味わいだけじゃなく、見た目をも楽しめる種類といえます。

【その②】カプチーノ
・牛乳の甘みを存分に味わえる カプチーノは、エスプレッソコーヒーにスチームミルクとフォームミルク(泡立てた牛乳)を加えたもの。牛乳は温かくしなければ泡立てることができないので、カプチーノは基本的にホットでしか味わうことができません。とはいえ、その温度はそこまで高くなく、通常のコーヒーが80~90℃程度なのに比べて、カプチーノは70℃前後。これは、温めすぎると甘みが弱まるという牛乳の特性を加味した温度設定なのです。そのため、カプチーノは牛乳の甘みを心ゆくまで楽しめる種類といえます。

【その③】マキアート
・程よい苦味がクセになる マキアートは、エスプレッソコーヒーに少量のスチームミルクを加えたもの。エスプレッソコーヒーならではのコクや香りはそのままで、苦味を程よく抑えた大人な味わいを楽しむことができます。マキアート(macchiato)は、イタリア語で「染みのついた」を意味する言葉。エスプレッソコーヒーの表面に浮かぶ、スチームミルクの模様が染みに似ていることからその名がついたといわれています。「エスプレッソの苦味は苦手だけど、ちょっと背伸びしたい」、そんな方におすすめの種類です。

豆【 実践編 】 カフェラテで試してみた!

【 実践編 】 カフェラテで試してみた!

実際にカプセルコーヒーを使用してアレンジしてみました!!初めて正確に時間を測ってみましたが、思いのほか時間はかかりません(5分)でした。
普段ドリップコーヒーを淹れている身としては大差ないかなという感想です!!

【 材料 】
・カプセルコーヒー(インドリア)※写真中の薄緑カプセルです。
・牛乳(50ML)

【 調理時間 】
5分
(1分) 1.マシンでエスプレッソ(40ML)
(3分) 2.牛乳沸騰
(1分) 3.MIX(カフェラテ完成)

【 作成手順 】

お気に入りのカプセルコーヒーを選び、投入口にSETします。(今回はスパイシーな薫りが特徴のインドリアをチ]ョイス)

お気に入りのカプセルコーヒーを選び、投入口にSETします。(今回はスパイシーな薫りが特徴のインドリアをチ]ョイス)

牛乳を40ML準備し、沸騰するまで火をかけます(約2~3分くらい)

牛乳を40ML準備し、沸騰するまで火をかけます(約2~3分くらい)

ミルクシェイカーで、シャカシャカして牛乳を泡立てます。

ミルクシェイカーで、シャカシャカして牛乳を泡立てます。

マシンからエスプレッソ側(量が多い方)のボタンを押します。

マシンからエスプレッソ側(量が多い方)のボタンを押します。

混ぜたら完成です!!

混ぜたら完成です!!

【感想 ・ まとめ】

【感想 ・ まとめ】

普段は焙煎豆を挽いてからドリップコーヒーを淹れているのですが、今回NESPRESSOのカプセルコーヒーを使用したアレンジ(カフェラテ)でも同じような時間で作る事ができました。
正直な話、味は今回のカフェラテの方が断然風味や口当たり含めて朝食後の相性がバッチリでした。ただ調理時間はあまり変わらなかったのですが、牛乳を沸騰させる工程が若干めんどうだったので、こちらの購入も少し検討しておこうかなと思います。

▼エアロチーノ3 ブラック(ミルク加熱泡立て器)

▼使用例はこちらのイベント体験記から
イベントレポート.NESPRESSO IN二子玉川ライズ2017/6/10(土)

購入背景

購入はコチラから 購入はコチラから