コーヒーの保存方法

コーヒーの保存方法

美味しいコーヒーを飲むために重要なことの一つは保存方法でございます。保存方法によってコーヒーの味が大きく変わります。保存方法について、色々なコーヒーの形態について説明しています。

豆カプセルコーヒー

カプセルコーヒー

独自のアルミニウム製カプセルは、美味しさを損なう空気・光・湿気などからコーヒーを守ります。
この為、高温多湿を避けて保存すれば、製造日から約1年は美味しく飲むことができます。
保管場所や保管状態も、インスタントコーヒーや豆、粉などに比べるとさほど気を使うことなく気軽に保存できるのが嬉しいです。

豆コーヒー豆

コーヒー豆

購入した際に密閉した袋に入れてくれていれば、そのまま冷蔵庫へ入れます。
簡易的な紙製の袋の場合は、フリーザーバッグなどに入れて保存すると、冷蔵庫内のニオイ移りなどもなく安心です。
ガラスの密閉容器などもありますが、量が減ってきた時に空気に触れる部分が多いので風味が損なわれます。
使う度にフリーザーバッグの空気をなるべく抜きながら保存すると良いです。
冷蔵庫のスペースもとらないのでお勧めです。
3週間ほどで飲み切れば美味しいまま楽しめます。

また、ドリップコーヒー用にお店で挽いてもらって粉で保存する場合は、豆のままの保存よりも美味しく飲める期間は短くなります。
ドリップコーヒーを美味しく飲むためには10日ほどで飲み切るのが良いでしょう。

豆インスタントコーヒー

インスタント

基本的に高温多湿を避け、冷暗所で保存することが推奨されています。
未開封の状態で2~3年、開封した後は1か月ほどで使い切ると、酸化も少なく美味しい状態で飲み切ることができます。
冷蔵庫や冷凍庫の保管は、出し入れの際の温度変化により容器の内部に水滴がつき、却ってコーヒーが湿気ってしまう恐れがあります。
出し入れを素早く行うか、冷蔵庫・冷凍庫は避けましょう。

また、紙の内蓋は完全に綺麗に剥がすか、縁を均一に残して剥がすようにしましょう。
これは外蓋を閉めた時に段差ができないようにする為です。
段差ができるとその隙間から湿気が入り込み、コーヒーの風味が損なわれてしまいます。

コーヒーメーカーへのこだわり

簡単操作で抽出や使用済みカプセルの回収ができるなど毎日使う私たちに嬉しい設計でありながら、お味は本格バリスタの味!
更にデザインもおしゃれでインテリアをランクアップしてくれたり、自分好みにカスタマイズすることまで出来る、あらゆるワガママを叶えてくれるコーヒーメーカーです。

詳しくはこちら

ネスプレッソのこだわり

誰でも自宅で簡単に、プロのバリスタが淹れたような本格的なコーヒーを飲めるようにと開発されたコーヒーメーカーが「ネスプレッソ」です。 日本ではドリップに比べてエスプレッソはまだまだ敷居が高いもの、お店で飲むものというイメージではないでしょうか。 そんなイメージを払拭し本格的なコーヒーを身近で気軽に楽しめるようにしてくれました。

詳しくはこちら

購入背景

購入はコチラから購入はコチラから