コーヒーメーカーの種類について

コーヒーは好きだけど、まだ缶コーヒーが中心だという方も多いはず。もっと美味しい飲み方を追求していきたいという方には、自宅で美味しいコーヒーを作ることのできるコーヒーメーカーをおすすめします。

豆主に3種類。好みやこだわりに合わせて選べるコーヒーメーカー

コーヒーの新しい飲み方

一口にコーヒーメーカーといっても、その種類にはいろいろなものがあります。どれを選べばいいのか分からなくてなかなか挑戦できない……という方は、ぜひこちらを参考にしてください。

・最もスタンダードな“ドリップ式”
コーヒーメーカーのなかで最も普及しているのが、ドリップ式のコーヒーメーカーです。
ドリップ式では、コーヒー豆を挽いたもの、あるいは挽く前のコーヒー豆を使用してコーヒーを作ります。お湯で戻すインスタントコーヒーとは違い、紙フィルターなどを使ってコーヒーを抽出していきます。基本的には、お店で飲むようなコーヒーと同じ方法です。
すでに挽いたコーヒー豆を使用するタイプが特に普及しており、お店でコーヒー豆を買う際はその場で挽いてもらうことをおすすめします。ミル(豆を挽く装置)が付いているタイプのコーヒーメーカーであれば、飲むときにコーヒー豆を挽くので、新鮮な味を楽しむことができます。

・手軽でフレーバーの多い“カプセル式”
この頃名前をよく聞くようになったのが、カプセル式のコーヒーメーカーです。
カプセル式は、メーカーに対応した専用のカプセルをセットすれば自動でコーヒーを作ってくれるので、非常に手軽で便利なタイプです。1人分のコーヒーだけ作りたいという場合にも重宝します。

さらに、さまざまなフレーバーを手軽に楽しめるというのも嬉しいポイント。違うカプセルをセットするだけでいろいろなフレーバーを試せるので、毎日違う味を楽しみたいという場合にぴったりです。カプセル式のなかでもおすすめは、ネスプレッソから発売されている“ラティシマ・タッチ”というモデルです。ボタンをタッチするだけの簡単操作で、カプセルを抽出するだけのコーヒーはもちろん、さまざまなレシピを作ることもできます。その秘密は、マシンに付随してあるミルク泡立て機能。牛乳を入れて泡立ち調整ダイヤルを好みの分量に合わせれば、カフェラテやカプチーノなども簡単に作ることができるのです。

・濃厚で本格的な味を作る“エスプレッソマシン”
本格的なコーヒー作りをしたい場合におすすめなのが、エスプレッソマシンです。
エスプレッソとは、ドリップ式で作れるレギュラーコーヒーとは違い、抽出の際に圧力をかけることで濃厚な味わいに仕上げたコーヒーのこと。美味しいエスプレッソを作るためには、専用のエスプレッソマシンを使用する必要があります。
エスプレッソマシンは基本的に高価ですので、本格派向けのコーヒーメーカーとなります。

豆奥深いコーヒーの世界へ

季節を選ばず、手軽に楽しんでもらえるギフト

缶コーヒーやインスタントコーヒーなどもよいですが、コーヒーメーカーを買ってみると、さらに奥深いコーヒーの世界を実感できるはずです。自分で作る楽しみを、ぜひ体感してみてください。

コーヒーメーカーへのこだわり

簡単操作で抽出や使用済みカプセルの回収ができるなど毎日使う私たちに嬉しい設計でありながら、お味は本格バリスタの味!
更にデザインもおしゃれでインテリアをランクアップしてくれたり、自分好みにカスタマイズすることまで出来る、あらゆるワガママを叶えてくれるコーヒーメーカーです。

詳しくはこちら

ネスプレッソのこだわり

誰でも自宅で簡単に、プロのバリスタが淹れたような本格的なコーヒーを飲めるようにと開発されたコーヒーメーカーが「ネスプレッソ」です。 日本ではドリップに比べてエスプレッソはまだまだ敷居が高いもの、お店で飲むものというイメージではないでしょうか。 そんなイメージを払拭し本格的なコーヒーを身近で気軽に楽しめるようにしてくれました。

詳しくはこちら

購入背景

購入はコチラから購入はコチラから