コーヒーメーカーの世界事情

コーヒーメーカーの世界事情

コーヒーメーカーと一口で言っても、その種類はさまざま。国内・国外問わず、あらゆるメーカーが独自の技術や魅力を搭載したコーヒーマシンを販売しています。そこで今回は、3つのコーヒーメーカーをピックアップし、それぞれが販売しているコーヒーマシンの特徴についてご紹介します。

豆どう違うの? メーカー別に見るコーヒーマシンの特徴

コーヒーの新しい飲み方

数あるコーヒーメーカーのなかから、今回はメリタとデロンギ、Nespressoのコーヒーマシンの特徴を比較していきます。

・メリタ(ドイツ)
メリタは、コーヒーフィルターを考案したコーヒーメーカーです。
そのため、扱っているコーヒーマシンはすべてドリップタイプ。家庭用から業務用まで幅広く扱っており、コーヒーの抽出方法には独自のこだわりを持っています。メリタが採用しているのは、“1つ穴方式”。抽出口をひとつに絞ることで、コーヒーをじっくり蒸らし、少しずつ抽出することができるようになっています。また、注いだお湯が自然とフィルターに調節されながら抽出されていくため、豆の膨らみを確認しながら何度もお湯を注ぐ必要がありません。抽出時間を一定に保つことができるので、いつでも安定した味わいを楽しむことができます。

・デロンギ(イタリア)
デロンギは、イタリアの有名家電メーカー。家庭用・業務用のエスプレッソマシンをはじめ、ドリップコーヒーメーカーなど、さまざまな製品を扱っています。そんなデロンギのコーヒーマシンは、どれも高技術。コーヒー好きが多いイタリアの人たちを納得させられるよう、試行錯誤を重ねた結果、イタリアで最も美味しいとされるエスプレッソの淹れ方を再現できる機械の開発に成功したのです。この技術はデロンギのコーヒーマシンすべてに搭載されているため、どの製品を購入しても真のエスプレッソを味わうことができます。

・Nespresso(スイス)
本格的なコーヒー作りをしたい場合におすすめなのが、エスプレッソマシンです。
Nespressoは、カプセルタイプのエスプレッソマシンを扱うメーカーです。専用のカプセルをセットしボタンを押すだけで、誰でも簡単に本格的なエスプレッソを楽しむことができます。ちなみにNespressoで扱っているカプセルの数は23種類。これに季節限定のカプセルが加わることもあります。カプセルは、一杯抽出型であるため、コーヒー豆を状態よく保管することができます。自宅やオフィスで手軽にコーヒーを楽しみたいという方には、使い方が簡単なNespressoのコーヒーマシンがおすすめです。

豆本格マシンでコーヒーを味わう

季節を選ばず、手軽に楽しんでもらえるギフト

いかがでしたか? メーカーによってコーヒーマシンの特徴はさまざま。自身のライフスタイルや好みに合ったコーヒーマシンで、味わい深いコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コーヒーメーカーへのこだわり

簡単操作で抽出や使用済みカプセルの回収ができるなど毎日使う私たちに嬉しい設計でありながら、お味は本格バリスタの味!
更にデザインもおしゃれでインテリアをランクアップしてくれたり、自分好みにカスタマイズすることまで出来る、あらゆるワガママを叶えてくれるコーヒーメーカーです。

詳しくはこちら

ネスプレッソのこだわり

誰でも自宅で簡単に、プロのバリスタが淹れたような本格的なコーヒーを飲めるようにと開発されたコーヒーメーカーが「ネスプレッソ」です。 日本ではドリップに比べてエスプレッソはまだまだ敷居が高いもの、お店で飲むものというイメージではないでしょうか。 そんなイメージを払拭し本格的なコーヒーを身近で気軽に楽しめるようにしてくれました。

詳しくはこちら

購入背景

購入はコチラから購入はコチラから