豆知識6.様々なコーヒーの淹れ方比較

様々なコーヒーの淹れ方比較

コーヒーの真の旨味を味わうため、淹れ方に拘らなければなりません。ちょっとしたお湯の温度、ちょっとした豆の量が違うと、味がすぐ変わってしまいます。面倒くさいと思う人もきっといます。コーヒー好きにとってはコーヒーが出来上がるまでの10分間こそが自分をコーヒーとつながる鍵であり、そしてコーヒー旨味を頂点に運ぶのに通らなければならない道です。このページでは、真のコーヒー好き、これからコーヒーに心身を捧げる人々のためにコーヒーの淹れ方を徹底的に紹介致します。

準備できましたか?

ようこそ、コーヒーファンタジーの世界へ~

*インスタントはペッパードリップで抽出

インスタントはペッパードリップで抽出

インスタントコーヒーは、基本的にハンドドリップで淹れます。ハンドドリップのなかでも最もポピュラーな淹れ方に、ペーパードリップがあります。この淹れ方は抽出方法によって味が異なるため、基本的な淹れ方を押さえておきましょう。

 

1. 器具とコーヒーを温める
2. 水を沸騰させる(95℃前後)
3. ドリッパーにフィルターをセットする
4. インスタントコーヒーをフィルターに入れる
5. お湯を少量注ぐ
6. 20秒ほど蒸らす
7. 3回に分けてお湯を注ぐ
8. 抽出したコーヒーをカップに注ぐ

 

ペーパードリップを行ううえで最も大切なのは、“お湯の注ぎ方”。フィルターの中心に向かって真上から注ぐこと、小さく「の」の字を描くように注ぐことなどを意識しましょう。

*豆一粒でコーヒーの美味しさが変わる

豆一粒でコーヒーの美味しさが変わる

コーヒーができあがる過程を目で見て楽しめる、サイフォン。空気圧を利用した抽出方法で、香ばしいコーヒーを堪能することができます。

 

1. ネルフィルターを準備する
2. 水を沸騰させる
3. ネルフィルターをロートにセットする
4. ロートに杯数分のコーヒーの粉を入れる
5. フラスコの水が沸騰しているか確認する
6. ロートを入れ、かき混ぜる
7. 弱火で15~45秒ほど放置し抽出する
8. 火を止め、再度かき混ぜる
9. ロートを外してコーヒーをカップに注ぐ

 

サイフォンでコーヒーを抽出する際は、“バックロート”に注意しましょう。バックロートとは、フラスコに落ちたコーヒーがロートに戻ってしまう現象のこと。できあがったコーヒーの味に悪い影響を及ぼしてしまうため、十分に気をつけることが大切です。

*コーヒー抽出もできる! フレンチプレス

コーヒー抽出もできる! フレンチプレス

フレンチプレスというと、紅茶をイメージする方が多いかもしれませんが、コーヒーでも活用することができます。

 

1. 温めておいたガラスポットにコーヒーとお湯を入れる
2. ヘラなどを使ってコーヒーとお湯を馴染ませる
3. ガラスポットの蓋をかぶせて4分ほど放置し、抽出する
4. ガラスポットについている金網フィルターで濾して、カップに注ぐ

 

フレンチプレスは、誰でも簡単に本格的なコーヒーを味わえる点が特徴のひとつ。油分など、あらゆる成分が抽出されるため、コーヒーそのものの味わいを楽しめます。

*あっという間に本格派! コーヒーカプセル

あっという間に本格派! コーヒーカプセル

カプセルコーヒーの魅力は、ボタンを押すだけで本格的なコーヒーを味わえるところ。鮮度の高いコーヒーを、飲みたいタイミングですぐに抽出することができます。

 

1. 水とコーヒーカプセルをセットする
2. カップをセットする
3. 抽出ボタンを押す

 

コーヒーカプセルであれば、カップ1杯分の量を簡単に抽出できるため、忙しい毎日を送っている方でも手軽にコーヒーを楽しむことができます。使用前に湯通しするなど、マシンのウォームアップを行うことで、コーヒーをより美味しく味わうことができます。

*それぞれの淹れ方が持つよさ

それぞれの淹れ方が持つよさ

いかがでしたか? 一口にコーヒーと言っても、淹れ方はさまざまです。それぞれに特有のメリットがありますが、なかでもコーヒーカプセルは、手軽でありながら本格的なコーヒーを味わえるため特におすすめです。この機会に、日々の生活にコーヒーカプセルを取り入れてみませんか?

購入背景

購入はコチラから 購入はコチラから